読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N少年の低レート散歩

N少年がぽけもんについてだらだらと書くよ。ガチ勢にはなーんの参考にもならないよ。

【構築記事】ばしオフベスト4構築ーバシャバンギテテフスタン

3/18に行われたばしポケ(一橋大学ポケモンサークル)主催のオフ、ばしオフに参加しまして、自身初の予選突破と、ベスト4という成績を残せたので記事に残しておきます。

あとついでに最高レート1815も達成しました。

 

では早速。

f:id:mijumiju0035876:20170320190316p:plain

 

構築経緯

まず、自分の嫁たるバンギを軸に考え、バシャが強いということはS2が始まる前から聞いていたので、orasでも使っていたバシャバンギ軸に決定。

バシャナットサンダー的なサイクル構築を作ろうとしたが、抜きエースがバシャだけでは不安だった(上記の理由よりガチガチにバシャ対策がなされることは想像に難くない)ので、汎用性の高いテテフを採用。

とりまきは、カプ環境になることはわかっていたので大体のカプを止められるHDナットを採用し、その流れでorasから愛用していたギャラナットの並びを採用。

ここまでで電気の一貫が切れてないので、とりあえず強そうなガブリアスを入れて完成!

-------ここまでポ1大会使用構築の話------

このPTを使って、

・ガブが構築に合わない

・ギャラの数値が足りない

という2点を感じたので、

 

・電気の一貫切り

・威嚇枠

・数値の充実した物理受け(バシャストッパー)

・地面の一貫切り

 

を求めて、ランドとメガヤドランを投入したPTが今回の使用構築となります。

 

 

 

個体紹介。ばしオフでの選出率とともにどうぞ

バンギラス@チョッキ(予選0/6、本戦2/3)

意地っ張りH252A252S4

冷凍パンチ 地震 馬鹿力 ストーンエッジ

チョッキバンギ。私が最も信用しているポケモン(というかメガらないバンギはチョッキしか信用できねえ)。

各技の採用理由はポ1大会使用構築をみてください。まあそんなに突飛な技は採用してないので見なくてもいいと思います。

予選での選出率0ってマジ!?

まあ汎用性は低いですが本戦で選出したときはしっかり活躍してくれました。テテフのムンフォを2耐えしたときの会場の驚きようはたまらなかったね。

役割対象にボルチェンで逃げられたりするのであまりサイクル向きじゃないかもなーという気がしているこの頃。

 

カプ・テテフ@スカーフ(予選3/6、本戦3/3)

控えめC252S252B4

シャドーボール サイコキネシス めざパ炎 ムーンフォース

エースその1。雑にサイキネ撃ってるだけで強い。こだわりで交代読みめざパを撃つ勇気はなかったので、スカーフとめざパは相性が悪かった。10万もピンポだしどっちもどっちだが。気合い玉?

(ヾノ・∀・`)ナイナイ 当たらない技撃つとかありえないわwww

今回受けルに完封されたのでサイコショックを入れればいいと思う。

後述の選出のしかたの観点から、選出率は高めで、特に本戦は全戦選出だった。

 

バシャーモ@岩Z(予選4/6、本戦2/3)

意地っ張りA252S252D4

守る フレアドライブ ストーンエッジ 飛び膝蹴り

エースその2。

一貫性と受けに来る相手に刺さるであろうことからエッジを、一気に崩すためにZを採用。マンダが落ちなかったり(ASなら落ちる?)、火力が足りなかったり、あまり使い勝手は良くなかった(なんでギャラもマンダもいないの)。

レートで回してたときより選出率は高く、警戒が薄くなっているような気がした。

 

ランドロス@達人の帯(予選4/6、本戦1/3) 

意地っ張りH244A252B4D4S4

地震 とんぼ返り 馬鹿力 岩石封じ

メインウェポンの地震、サイクルに強いとんぼ、一貫性がありサイクルと相性のいい馬鹿力を採用し、残りと持ち物ははもともとはエッジとハチマキだったが、流し際に岩封で上をとって殴るムーブがしたかったので岩封と帯に変更。

威嚇枠かつとんボル枠かつ電気の一貫切り枠かつ地面の一貫切り枠。

倒せないと思ってたガルドやカミツルギ地震や馬鹿力で吹き飛ばしてくれた今回のMVP。想像以上に火力や耐久があり、これはもう私がボルトランドに染まる日も遠くないかもしれない。

 

ナットレイ@残飯(予選5/6、本戦2/3)

生意気H252B4D252

はたき落とす ジャイロボール ステルスロック 宿り木の種

ギャラナットの片割れ。だった。

カプを見てもらうためにHDでの採用。Bは振らなくても等倍くらい相手には仕事できたのでこれは正解。あとPTの大事なステロ枠。

汎用性は高く、予選での選出率は驚異の5/6!しかし、数値不足が祟って過労死することが多かった。守るが欲しかった。

PTに1枚くらいはたき役が欲しくてはたきを入れていたが、Zが多いのと、こいつがマンダやリザを呼ぶのであまり刺さらなかった。はたき→守るがいいか。

 

ヤドラン@メガ(予選2/6、本戦0/3)

図太いH252B252C4

 熱湯 鉄壁 サイコショック 怠ける

テンプレの怠けると熱湯、起点にされても受け切れるように鉄壁、メガバナ意識のサイコショック。テテフとの相性もいい(はず)。

選出率は低く、正直うまく使えなかった。瞑想スイクンに起点にされたり(というかPTが全体的にスイクンに薄い)、選出すると役割対象がいなかったり。メガヤドランというポケモンの考察が足りなかった。鉄壁があるので熱湯はいらない気がする。スイクンとの積みあいに勝つために瞑想か毒々がいいか。

 

選出について

個々の性能には相性補完以上のシナジーはないので、基本選出は特になくグッドスタッフ的に刺さってるポケモンを選出する。

選出時にはテテフストッパーが相手にいると思うので、ストッパーを崩しながらテテフを通す展開が多かった(テテフストッパーは選出されることがわかっているので、そこから選出を考えるのが一番楽)。

テテフかバシャのどちらかを選出するとeasy winしやすいというくらい。

 

 

雑感

スタンパにはかなりの強さを誇ったが、積み系をはじめとした「一つの勝ち筋を追い求める」タイプの構築を止める手段に乏しいと感じた。なのでこれ以上上に行く(レートも、オフでも)のは難しいと判断し、このパーティは解散することにします。

 

 

レート1800、そしてオフで決勝進出、さらにベスト4というみたことのない景色を見せてくれたPTのみんなに感謝しつつ、ここで筆をおかせていただきます。